メニュー

単純性股関節炎

単純性股関節炎は幼児学童期によくみられる股関節炎です。小児の股関節痛を呈する疾患のうち、最も頻度が高いとされています。風邪を引いた後、運動後、外傷後等に起こりやすい股関節炎です。股関節の軟骨がすり減っていく疾患です。女性が多く股関節の形成不全が原因で起こることが多いです。最近は高齢社会となったため、特に明らかな原因が無くても年齢とともに股関節症を発症してくることがあります。

症状

通常熱は出ず元気ではありますが、股関節部、大腿部、膝関節部等の痛みを訴え、びっこをひいたりします。

診断

診察所見とレントゲン検査、場合によってエコー検査にて関節の状態を確認して診断します。必要なら血液検査やMRI検査などを行いペルテス病や化膿性関節炎などを鑑別します。

治療

通常、安静のみで、鎮痛剤を用いることも無く、数日から数週間の経過で速やかに改善しますが、スポーツや通学もなるべく控えてもらいます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME